挙式とは

挙式とは?

「挙式」とはどのようなことを言うのか、詳しく説明できますか?結婚式だということは分かっても、「挙式」を詳しくは説明できないかもしれませんね。挙式は厳粛な中で行う儀式のことで、宗教によっていくつかのタイプに分かれます。最近では宗教にとらわれない挙式も多く見られるようになりました。ここでは、「挙式」とは何なのか、そして「挙式」にはどのようなタイプがあるのか、について説明したいと思います。

 

挙式には4つのタイプがある

 

挙式とは、簡単に言えば「結婚の儀式」のことを言います。役所に婚姻届を提出すれば、その時点で二人は夫婦になって「結婚した」ことになります。その「結婚したこと」を第三者に証明する儀式が、挙式なのです。

 

挙式には、宗教によって

 

  • キリスト教式
  • 神前式
  • 仏前式

 

があります。日本でもっとも多いのはキリスト教式の挙式です。

 

カトリックとプロテスタントがあり、ホテルやチャペルなどで行うことが一般的です。テレビドラマなどでよく見る、神父の前で「一生愛することを誓いますか?」というやり取りがあるのがキリスト教式です。

 

そして今は、宗教にとらわれない「人前式」というスタイルの挙式が人気が高いです。参列者の前で愛を誓い、参列者が「結婚の証人」になります。決められた流れがないので、新郎新婦のオリジナリティが出しやすい、いわば「自分たちらしさ」が出せる挙式です。

 

このように、一言で「挙式」といっても様々なスタイル、やり方があることがお分かりいただけたでしょうか。どのようなスタイルで行ってもすべて「挙式」なので、間違いということはありません。結婚する(結婚した)二人がどのような挙式にしたいか、それによって式場も変われば予算なども変わってきます。

 

まずは二人で、「どんなスタイルの挙式がしたいか」を決めましょう。キリスト教式なのか神前式なのか、それとも人前式なのか、まずはそれを決めなければ始まりませんね。そうしたら次は式場選びです。これまたたくさんあるので迷ってしまいますね。

 

式場の見学予約やブライダルフェアの予約ができる、結婚の定番「ゼクシィ」のサイトから、まずは見学の予約などをしてみましょう。定期的にブライダルフェアを行っている式場も多いので、それに参加してみるのが良いと思います。「ゼクシィ」のサイトでは全国各地の結婚式場が検索、予約できますよ。