挙式 披露宴 費用

挙式と披露宴にかかる費用について

「結婚式にはお金がかかる」というイメージを持っている人も多いと思います。もちろん演出などによってかかる費用は変わってくるのですが、だいたいどのくらいかかるのでしょうか。

 

そもそも結婚式とは結婚の儀式である「挙式」のことを言うのですが、最近では「挙式」と「披露宴」のことを総称して「結婚式」と呼ぶことが多くなりました。これから結婚式をやりたいなと考えている人のために、ここでは「挙式と披露宴にかかる費用」についてお話ししていきたいと思います。

 

披露宴の平均費用は300万円ほど

 

挙式と披露宴で、お金がかかるのは「披露宴」です。挙式そのものはそこまでお金がかかるわけではありません。挙式の費用は「参列者の人数に左右されない」のですが、披露宴の費用は「参列者の人数によって」変わります。なぜなら、人数によって料理や飲み物、引き出物の数などが変わってくるからです。料理のランクや引き出物の中身によっても値段は変わりますが、だいたい参列者70人で300万円ほどかかるのが一般的です。

 

参列者が一人増えるごとに、1万8000円〜2万円ほど加算されていくことが多いです。一人あたり2万円として、参列者が70人ならそれだけで140万円が必要となります。その他にも会場の利用料、司会者やスタッフの手配、演出にかかる費用、新郎新婦の衣装代、ヘアメイク、美容関係など細々とした費用も加算されていくので、トータルすると300万円〜350万円ほどになることが多いようです。

 

参列者からのご祝儀を披露宴代にあてれば、新郎新婦の自己負担額は100万円ほどになるようです。もちろんオプションによってはもっと高くなることもあれば、安くすませることも可能です。
だいたいの費用は、式場のプランによって変わってきます。「こんな式にしたい!」という希望があればなおさら、自分たちの希望を叶えてくれる式場を選ばなければなりません。

 

「ゼクシィ」では、エリアごとにたくさんの式場を紹介しています。気になるところがあったら、まずはゼクシィから式場予約の申し込みをしてみてください。オプションによって費用は変わりますから、まずはしっかりと話を聞かなければ分かりませんよね。自分たちの予算に合わせてプランを提案してくれる式場がほとんどです。一生の思い出にするためにも、まずは見学予約の申し込みを行いましょう。