挙式 流れ

挙式の流れについて

結婚式は一生に一度の大切な儀式です。挙式をしなくても夫婦になることはできますが、やはり「結婚式という形」にこだわりたいという人もいますよね。挙式は本番前にだいたいの流れを説明されるので、「ぶっつけ本番」でも意外となんとでもなるものです。しかし挙式は二人の愛を誓いあう「結婚の儀式」です。事前に流れを知っていれば、より濃い挙式になることでしょう。

 

一般的な挙式の流れについて

 

では、日本でもっとも多くの人から選ばれている「キリスト教式の挙式」について、一般的な流れを説明したいと思います。

 

・参列者の入場
祭壇に向かって右側が「新郎側」、左側が「新婦側」です。

 

・司会者の入場、開式の辞
牧師または神父が入場し、結婚式を始めることを宣言します。

 

・新郎入場、続いて新婦の入場
先に新郎が入場し、祭壇の前で新婦を待ちます。新婦が父親とバージンロードを歩いてくるので、新郎はその手を取って祭壇の前まで進みましょう。

 

・讃美歌斉唱

 

・聖書の朗読、祈祷
司会者である牧師または神父が二人の結婚に相応しい言葉を朗読し、神に祈りを捧げます。

 

・誓約
結婚の意思を誓います。「辞めるときも健やかなるときも…」という文句に始まり、「妻(夫)にすることを誓いますか?」というテレビドラマでもよくあるシーンです。

 

・指輪の交換
結婚の意思の証として、お互いの左手の薬指に指輪をはめます。

 

・誓いのキス
結婚の意思を確認し合い、二人を隔てるものがなくなったので新郎が新婦のベールを上げてキスをします。

 

・結婚宣言、署名
牧師または神父が、参列者に「二人の結婚」を制限し、新郎新婦は証書に署名をします。この証書に法的効力はありません。

 

・結婚成立の報告、退場
証書に署名をしたことで結婚が認められたことを、牧師が宣言します。新郎新婦が揃って退場し、挙式は終了となります。

 

これはあくまでも「一般的な流れ」になりますので、式場ややり方には多少の違いがあります。料金をプラスすることによって、様々な演出をオプションとしてつけることもできます。どのような挙式にしたいのかによって、流れは変わってきます。

 

結婚情報サイト「ゼクシィ」なら、自分たちの「理想の挙式」のできる会場を探すことができます。そして、ブライダルフェアや式場予約も簡単に申し込むことができますよ。まずは実際に会場を見てみなければ、イメージも湧きませんよね。理想の挙式を行うためにも、まずはゼクシィから式場予約の申し込みをしてみましょう。