挙式のみ 費用 平均

挙式のみの平均費用はいくら?

結婚式にはお金がかかるイメージがありますが、その大半は「披露宴」にかかる費用です。挙式のみならばそこまで多額の費用はかからないことが多いのです。そのことから、最近は「お金のかかる披露宴はやらずに挙式のみ」を行うというカップルも増えてきています。

 

そうなると気になるのが、「挙式のみ」にはいくらかかるのか」ということではないでしょうか。ここでは、挙式のみの平均費用についてお話ししたいと思います。

 

平均費用は30万円ほど

 

挙式には様々なスタイルがあります。キリスト教式や神前式の場合は、たいていがプランがパッケージングされています。一通りの流れがあって、それに対する費用があらかじめ算出されています。ホテル、式場、チャペルなどの「挙式のみを行う会場」によって費用は若干変わってくるでしょう。このようなパッケージングされているプランの場合、費用は10万円前後と表示されていることが多いですね。

 

にも関わらず、実際に「挙式のみにかかった費用」の平均は30万円(もしくはそれ以上)であることが多いです。それはなぜなのでしょうか。パッケージングされている費用よりも高くなってしまう一番の理由は、衣装代です。

 

特に新婦のウェディングドレスはランクによって値段がかなり違ってくるのです。もともとパッケージングされているプランから選べるドレスは本当にシンプルなものばかりで、流行りのデザインのものはありません。場合によっては古くさいと感じることもあるでしょう。一生に一度の挙式だからこそ、ドレスは着たいものを着るという人も多いものです。ドレスによっては10万円や20万円はすぐにプラスされてしまいます。

 

そのため、「挙式のみの平均費用」は30万円ほどになり、なんだかんだで40万円〜50万円ほどかかってしまうことも珍しくはないのです。

 

パッケージングされているドレスにどんなものがあるのかは、実際に式場に行ってみないと分かりません。結婚情報サイトの「ゼクシィ」では、挙式のみを行える会場の検索はもちろん、いろいろなプランを調べることもできます。

 

見学予約やブライダルフェアの予約もできますよ!実際に挙式のみにいくらくらいかかるのか、どんな雰囲気の会場なのかは、やはり見てみないと分かりませんよね。気になるところがあったら、まずは「ゼクシィ」から気軽に式場予約の申し込みをしてみてくださいね。