挙式のみ 費用 相場

挙式のみの結婚式の相場はいくら?

結婚の意志を確認し、愛を誓いあう儀式である「挙式」のみを行うカップルも増えています。最近は挙式よりも披露宴が重要視されていますが、本来は披露宴よりも挙式のほうが大切なものでもあります。なんていっても第三者に「愛を誓いあう」わけですから。

 

そんな「挙式のみ」を行う結婚式の場合、費用はいくらくらいかかるのでしょうか。もちろん会場によって多少の違いがあることは重々承知なのですが、ここでは「挙式のみの結婚式にかかる費用の相場」についてお話ししたいと思います。

 

挙式の費用はパッケージングされている

 

挙式のみの結婚式にかかる費用は、基本料金は決まっています。披露宴のように料理や飲み物、引き出物などの用意はないため、参列者が何人だろうと基本的に料金は変わりません。二人だけの挙式でも身内だけでも、料金は同じなのです。昔は「挙式」には親族と仲人だけが参列し、そのあとに行われる披露宴の開始時に、仲人が「二人の結婚を報告」するのが一般的でした。しかし今は仲人が出席しないこともありますし、披露宴を行わないカップルも多いものです。

 

さて、では「挙式のみの結婚式」にかかる費用の相場はいくらなのでしょうか。だいたいですが、約10万円〜25万円ほどだと言われています。神前式や人前式よりも、キリスト教式の挙式のほうが若干高めなことが多いようです。

 

パッケージングされている挙式の費用は、あくまでも「最低ライン」の値段です。ドレスのランクを上げたり、退場したあとのフラワーシャワーなどのオプションをつけたりすれば、当然値段は高くなります。

 

結婚情報サイト「ゼクシィ」では、挙式のみの結婚式が行える会場もたくさん紹介されています。どの式場もブライダルフェアを行っていたり、見学ももちろんできます。まずは「ゼクシィ」から、式場予約の申し込みをしてみましょう。ブライダルフェアや見学に行けば、どのような式場でどのような挙式が行えるのかのイメージがつかめますよね。費用やオプションについても、実際に行って話を聞いたほうが良いですよね!