挙式 披露宴 違い

挙式と披露宴の違いとは?

「挙式」と「披露宴」をまとめて「結婚式」と呼んでいます。挙式と披露宴を同じ日に続けて行うことが一般的なことから、挙式も披露宴もいっしょくたに考えてしまっている人も少なくありません。しかし本来、「挙式」と「披露宴」はまったくの別物なんですよ!ここでは、なんとなく今さら聞きにくい「挙式と披露宴の違い」についてお話ししたいと思います。

 

挙式とは

 

結婚式の中でも、もっとも「重要」かつ「大切」なものが挙式です。挙式とは結婚を誓いあう儀式のことで、キリスト教式・神前式・人前式などがあります。昔は身内と仲人だけで行うものでしたが、最近は親族以外の人も参列できる挙式スタイルも多くなりました。挙式の費用はパッケージングされているので、「参列者の人数」によって左右されないという特徴があります。

 

披露宴とは

 

披露宴は、挙式のあとに行う「結婚したことを周囲の人にお披露目する」ことです。親しい友人や職場の人などを呼んで、「結婚したことをお祝いしてもらう」代わりに、「楽しい時間を過ごしてもらう」ことを目的としています。披露宴にもパッケージングされているプランはありますが、演出などを自分たちで決めたりすることできます。基本の流れを元に、自分たちらしさを出せるのが披露宴ということになります。

 

披露宴に要する時間は、だいたい二時間半〜三時間ほどでしょうか。挙式との最大の違いは、「参列者の人数によって費用も変わる」ということです。何人呼んでも費用の変わらない挙式と違い、披露宴では料理や飲み物の数があるため人数によって費用も変わってきます。

 

人前式以外の挙式は「格式にとらわれる」ものですが、披露宴は自由です。これといった格式もなく、二人で何もかも決められるという点も「挙式と披露宴の違い」と言えるのではないでしょうか。

 

自分たちで、「こんな披露宴にしたいな」とか、「挙式はチャペルでやりたい」などという気持ちがあるのなら、自分たちの理想を叶えられる式場を探さなければなりません。「ゼクシィ」ではたくさんの式場が紹介されているだけでなく、見学予約やブライダルフェアの予約もすることができます。

 

気になる式場があったら、まずは「ゼクシィ」から式場予約の申し込みをしてみてください。一生に残る思い出にするためにも、まずは見学予約から始めてみましょう。